​パニ子を世界のパニ子にする

ツイッター.png

©2020 by パニ子のパニック障害克服案内所

パッチ・アダムス

wikipediaからの引用になってしまうのですが、知人の医学生から良い話を聞いたので備忘録しておきます。ある講演会でアメリカのクラウン(道化師)ドクター、パッチ・アダムスさんの「7つの信条」について触れられ、彼女は1番に感銘を受けたそうです。改めて、ああ、これでいいんだと思えたんだとか。


パッチの「7つの信条」

1.ひとをケアする理由はただひとつ。人間を愛しているからです。

2.ケアは愛を動詞化する。ケアは概念ではなく、行動です。

3.ひとを思いやるという人生を送ることによって、あなたは自分のなかで一番深い平和と

  安らぎを得る。

4.良い意味のお返しをすること(良きカルマを積む/カルマからの解放)。例えば、米国がア

  フガンに爆弾を落とし始めたとき、私はアフガンの人々を愛したいと思い、即座に現地

  に飛んだ。

5.平和のためにクリエイティブになる。例えば、死の床でアメイジング・グレイスを歌

  う。

6.情熱を持ち、不可能だと思っていた夢を見る。

7.ひとをケアすることは、科学的見地からしても、あなたのためにいいことがある。


上記は、日本に講演の為来日した際に、ケアに対するパッチ・アダムス本人の発言から。

(wikipedia : パッチ・アダムスより引用)



わたしの場合は……少し欲張りになってしまうんですけど、3番から7番まで全部ですかね笑。このサイトの運営方針を考えるとそうなってしまいます。特に4番、5番、6番かな。


4番を選んだ理由は、良い意味のお返しをする、ということが、なんだかわたしたちの場合で言えば『パニ子に感謝をすること』のように思えたからです。パニ子はパニック発作を引き起こす張本人ですが、ある意味でわたしたちのこれまでの固定観念や思い込みを破壊してくれる存在あって、深い意味でわたしたちのような過敏な人間をケアしてくれているように思うことがあるからで、そこに共感したからです。パニ子を恨み続けるのではなく、いつか良い意味でのお返しをすることができたらいいですし、いつかそうしてやるぞ! って思ってることで、発作の苦しみも、本当の自分を取り戻すための試練なんだと思えてくるのかもしれません。ですがまぁ、それは発作が起きてる最中には到底思い当たらない達観的で無責任な言葉でもあるんですけどね。


5番の、平和のためにクリエイティブになる。これもそうですね。パニック障害をパニック障害と呼んでいると、なんだか必要以上に重苦しいものに感じてしまいます。だからこそわたしは、それをパニ子のせいだって思うようにしたんですね。いつかくる平和のために、パニ子を生み出すことによって、自分の回復をはかったって、いいじゃないかって、ねぇ?


6番、情熱を持ち、不可能だと思っていた夢を見る。人生ってこれにつきますよね。生きている限り、誰もがどこかで終わってしまいます。無難な人生ってどこにもないって、誰だってある程度の年齢にまで生きていたら気づくものです。だったらもういっそ、不可能な夢を追いかけて、わたしたちの場合で言えば、治ると思っていなかったパニック障害が治ること、パニ子を成仏させることを、絶対できるって信じて、信じて、成し遂げることだと思います。そしてそれは不可能ではない、わたしはそれを知っていますから、そう思えています。ですからどうかみなさんも、いつか絶対治すって、その情熱を絶対に忘れないでください。それがとても大事なことです。方法はあるので、あとはもう、情熱の問題だってことです!





6回の閲覧